「夫源病の保健室」室長のTOMOです。

2人の愛の証である赤ちゃんを授かり、「出産」という大仕事を終えたあと、ホッとしたのもつかの間、あなたには赤ちゃんを育てるという、幸せだけど責任のある育児が待っています。

 

可愛くて愛しいけれど、物言わぬ赤ちゃんは泣くことしかできません。「やっと会えた我が子」は、よそのどんな赤ちゃんより可愛いはず。

 

しかし、毎日24時間体制の赤ちゃんの世話は、予想を何倍も上回るほど大変。そのうえ、頼りにしていた旦那が思いのほか協力してくれなかったとしたら?

 

旦那へのイライラが止まらないばかりか、不満が溢れて「もう、嫌い!」と投げ出したくなる気持ちにもなるでしょう。

 

出産後の育児について旦那に不満を持ちイライラしてしまう人は多く、実はこの出産や育児がきっかけとなり、「夫源病」になるとも考えられています。

 

「夫源病」とは、夫への嫌悪感やストレス、イライラなどから更年期障害のような症状(頭痛、めまい、耳鳴り、のぼせ、不眠、胃痛、吐き気)などが現れるもの。

 

「夫源病」は旦那といる時に限って症状が重くなるというのが一番の特徴です。あなたに心当たりはないでしょうか?

 

育児の不満から旦那にイライラする場合は、どうしたらいいのでしょうか?今回は「あなたにもすぐできる2つの工夫」をズバッとお伝えします。

 

育児中旦那へのイライラが止まらない!不満で旦那が嫌いになる理由はこんなところから

 

育児中旦那のイライラが止まらないとき、あなたはどうしていますか?不満で旦那が嫌いになってしまいますよね。

女性は出産によって体が大きく変化します。そのバランスの乱れが、実は「イライラしやすい状態」を作っています。

 

イライラしやすい状態のうえ、育児は24時間営業、そして、お腹が空いたら赤ちゃんはところかまわずに、泣きます。夫は朝早くから仕事に出かけ、帰ってくるのは赤ちゃんを寝かしつけたあと。

 

「今日こんなことがあって、大変だったの」と、話を聞いて欲しくても、仕事で疲れている旦那は上の空。どこにも出せない不満がたまると、旦那にイライラしてしまうのは仕方のないこと。

 

ただ話を聞いて理解してくれたら、どんなに楽になるのか、その思いやりのなさに、ガッカリ。そんな気持ちが積み重なっていくうちにイライラが止まらなくなるのです。

 

そんな旦那へのイライラをどうすればいいのか、一緒に見ていきましょう。

育児の不満から旦那を嫌いにならないための2つの工夫

 

イライラの解決法はネットで探せばいろいろあるでしょう。しかし、情報量が多すぎてどれから手をつけていいのか悩むところ。今回はその中でも、すぐに取りかかれる2つの工夫をお伝えします。

自分優先時間をつくる

出産してからというもの、自分のことはさておき、すべての場面で優先順位は子どもになります。自分で作った食事ですら、温かい状態で食べることなんて皆無。なぜか食事中に限って「ウンチ」したりしませんか?

 

食事をやめて、オムツ替えをしているうちに食事は冷め、お風呂だって、結婚前はゆうに1時間かけていたものが、今やカラスの行水。裸のまま、子どもの服をきせてから、やっと自分の用意。

心に余裕がなくなって当然です。そして、その余裕のなさがイライラに直結。

 

1日、5分あなたのためだけの時間を作りましょう。あなたの優先時間です。横になってもいいし、好きな音楽を聴いてもいい、本を読んでも、歌ってもいいでしょう。その時間、ほかのことは何があっても後回しです。

「え?5分だけ?」そう思われますよね。でも、あなたはその5分さえ自分のために用意したことがないのではありませんか?実際、意識しなくても5分くらいは何か自分のために過ごしているでしょう。

 

でも、「自分だけの時間を過ごしている」と意識することが大事なのです。なんとなくの流れで休んだとしても、子どもの世話の忙しさで、それさえ忘れて、自分の時間なんて全くないと思ってしまうから。

 

毎日5分でも、自分のために時間を使っている、自分を大事にしている、と実感できるだけで、心に余裕が生まれるのです。そのように時間を意識することができるようになれば、10分、15分と自分優先時間が作れて、イライラが減っていくでしょう。

夫に頼むことを決めて任せる

育児に夫の協力が得られたら助かりますよね。しかし、あなた以上に新米パパ。やって欲しいことを頼んでも、あなたが思っている通りのことができれば助かりますが、そうでない場合、2度手間になったり、余計にイライラしませんか?

まずは、旦那の適性を考えて得意そうな分野を任せるようにしましょう。

 

育児でやってくれたら助かることを書き出してみます。その中で、これは旦那でもできそうなものをピックアップします。育児に直接関わらなくても、重いものの買い出しや買い物、洗濯などの家事や片付けなどでもいいでしょう。

それを書き出して、まずは4つピックアップして、その中から旦那に1つ選んでもらいます。2つ、3つ頼みたい気持ちは抑えてください。

 

旦那からすると、4つの中で1つだけでいいとなると、断る理由がなくなります。そのうえ、自分で選んだら責任感を持ってもらえるはず。

 

たくさんのことを頼んで、中途半端な出来上がりより、1つをちゃんと極めてもらうのです。そして、やってくれたら、「本当に助かったわ」と笑顔(ここ大事)でありがとうと言ってください。

 

家事を一つでもちゃんとやれる成功体験をつむことで、「俺にもできる」と思ってもらえ、それが楽にできるようになることで、次が頼みやすくなります。

何より安心して任せられることが一番イライラしなくてすむのです。

 

まとめ

 

可愛い我が子。でも母親であるあなたがイライラしていると、その気持ちが赤ちゃんに移ります。言葉が喋れない分、肌から敏感にイライラを感じ取るのです

そのせいで、不安になり余計にグズグズして手がかかるという悪循環。

 

まずはあなたの気持ちの安定が一番大事です。そのためにも、「自分優先時間を作る」「夫に頼むことを決めて任せる」をやってみてください。

もちろん、他にも方法はありますが、これもいろいろ試すより、1つからです。あなたも1つづつ成功体験をつむことで、自分に自信をつけてください。

 

子育ては誰も評価してくれないところが不毛な気持ちに陥ります。育児に振り回されず、自分でコントロールできるようになればもっと自信がつき、イライラも飛んでいくでしょう。

 

 

あなたのこと応援しています。

 

↓ちょっとでも気持ちが楽になってもらえたら

↓こちらの応援クリックをポチッとお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


LINEでお友達になってくださいね。
今ならあなたのお悩み、個別にお返事させてもらっています。
友だち追加