「夫源病の保健室」室長のTOMOです。

 

毎日まいにち、旦那にイライラしてしまう。大好きだった旦那とこんな関係になるなんて、思ってもいなかったし、こんなはずではなかったのにどうして?

 

そんなことを考えていると、いつしか「離婚」の文字が頭をかすめたりして、「旦那と別れたら、もうイライラしないで済むのでは?」「一人で生活できるのか?」などと考えたりしてしまうことでしょう。

 

一度そう思ったら、旦那にイライラするたびに「離婚しかない」「いつかは離婚してやる」などと思いながらも、ストレスにさらされることも。

 

もしも、あなたが旦那にイライラ過ぎることでストレスを溜めているときは要注意。なぜなら「夫源病」になる可能性が高くなるから。

 

「夫源病」とは、夫への嫌悪感やストレス、イライラなどから更年期障害のような症状(頭痛、めまい、耳鳴り、のぼせ、不眠、胃痛、吐き気)などが現れるもので、自律神経の働きととても関わっているのです。

 

「夫源病」は旦那といる時に限って症状が重くなるというのが一番の特徴です。あなたに心当たりはないでしょうか?

 

今回は旦那にイライラし、離婚が頭をよぎるときに、チェックするべき項目をズバッとお伝えします。

 

旦那にイライラしたらどうする?旦那にイライラして離婚が頭をよぎる時に考えること

旦那にイライラしたらどうしていますか?旦那にイライラして離婚が頭をよぎるとき、あなたはどこまでのことを考えていますか?

 

ただなんとなく?それとも、もっと具体的に離婚について調べたりしていますか?結婚当初、あなたは旦那と「笑いの絶えない家庭を」「温かい家庭をつくりたい」と夢見ていたはず。

 

それなのにどうして旦那にイライラし、離婚まで考えるようになってしまったのでしょう?もちろん日々の色々な積み重ねで、旦那に対してイライラする気持ちはよくわかります。

 

旦那は働く以外、「何も手伝ってくれない」、「あなたの話をじっくり聞いてくれない」、「意見がいつも対立してしまう」など、思い当たる節があるはずです。

 

しかし、あなたならご存知の通り、「離婚」はそう簡単にできないもの。なのに、旦那にいつもイライラしている状態もストレスが溜まります。

 

ここは、すこし冷静になって「離婚」について、あなたにとって本当に必要なのか、チェックしていきましょう。

離婚を考えたときのチェックすべき項目

 

離婚するにも、別れられる理由にあたるのか

あなたが「離婚したい」と切り出しても、あなたの夫は同意してくれますか?

 

あなたに執着している場合や、モラハラ夫に限って離婚を切り出したところで、すんなり同意をしてくれません。

 

なぜなら、あなたといることにメリットがあるから。

または自分は良い夫だという自負があるからです。(←どこが?って思いますよね。)

 

  • 自分のわがままが通る
  • 家のことを何でもやってくれる
  • 世間体上、離婚はメンツに関わる
  • ずっと面倒を見て欲しい
  • 自分には都合がいい妻だから
  • 離婚はお互いのためによくないと思っている
  • 一人ぼっちになるのが耐えられない

など、旦那には旦那なりの「離婚に同意できない」理由があるからです。

 

あなたがどんなに離婚を熱望していても下記のようなことがないと、夫が同意しない場合は法廷で戦うことになります。

 

別れたい理由が法定離婚事由になるのかは

 

  1. 不貞行為
  2. 悪意の遺棄
  3. 3年以上の生死不明
  4. 回復の見込みのない精神病
  5. 婚姻を継続しがたい重大な事由

 

これにあてはまるようであれば、旦那が離婚を拒んでも裁判で離婚することが可能になります。

 

婚姻を継続しがたい重大事由については

  1. 性格が合わない(このひとつだけでは難しい)
  2. 生活費を渡さない(浪費グセによっての場合は、認められやすい)
  3. 精神的に虐待する(モラハラによって、修復不可能なほどの場合)
  4. 暴力を振るう(程度によっては、これだけでレッドカード)
  5. 異性関係(1回や2回では認められにくい)
  6. 浪費する(浪費しても生活費等、入れている場合は難しい)
  7. 家庭を捨てて省みない(程度によっては認められる可能性も)
  8. 家族親族と折り合いが悪い(家族親族からモラハラがある場合、程度によって可)
  9. 性的不調和(場合によっては認められる/性的嗜好が異常や性交渉が全くない場合)
  10. 酒を飲みすぎる(過度な飲酒により、暴力や暴言、浪費、トラブルが常習化)
  11. 病気(上の4の回復の見込みのない精神病は理由になる)
  12. 同居に応じない(出て行ったきり戻ってこないなど、これも程度によって)

 

などですが、これに当たらない場合は、話し合いでの離婚となります

 

旦那に別れる意思があればスムーズかもしれませんが、あなたから言い出した場合は別れるときの条件としては不利になるでしょう。

 

3、があるある場合、夫にされて傷ついたことを書き留めておくことをお勧めします。何月何日、何時何分、こんなことを言われた。こんなことをされた。と、とにかく記録することです。

 

離婚はあなたにとってベストな選択か

離婚にはエネルギーが要ります。上記のものは、離婚するための条件ですが、問題は離婚してから、あなたもしくは、あなたとお子さんが別れてからも安心して生活できるのかがもっとも大事。

 

一時の感情で離婚を考えず、まずは冷静に離婚に対してもシュミレーションを行うべきです。なぜ離婚したいのか、旦那と関係を修復するための努力をしてみたのか、自分には何一つ落ち度がないのか?など自分の気持ちと向き合い、整理してみましょう。

 

離婚するには決意とお金が不可欠!

 

あなたの収入で暮らしていくのに明らかに無理があるなら、まず、結婚生活を続けながらお金を貯めることからはじめることをお勧めします。

 

離婚がゴールではない

「離婚したい!」「離婚したら全てが上手くいく」

夫とどんなことをしてでも離れたいと思っているあなたは、そんな風に離婚のメリットしか考えられない状態でしょう。

 

お子さんがいない場合は二人の問題なので、比較的スムーズに進むかもしれません。

しかし、お子さんがいる場合、お子さんの今後にも影響が出てきます。

  • 結婚に対して悪いイメージしか持たなくなる
  • 相手が嫌いになったら修復はできないと思い込む
  • 自分は生まれてきて良かったのか?と思う
  • 結婚なんかしたくないと思う

 

また、夫と上手くいかなかった原因は「100%夫だけに問題がある」わけではないということ。

  • 自分の意見を言えない性格
  • 周りの目が気になる
  • 相手にどう思われるか常に気になる
  • 争うなら、自分が我慢する
  • 甘えることができない
  • 周りの空気を読む
  • 頼まれたら断れない

 

上記のことにあなたが思い当たるなら

 

もしも離婚が成立して、また別の男性とご縁があったとしても

今の家庭と同じような道を繰り返す可能性が高いと断言します。

 

なぜなら、また同じような男性を引き寄せてしまうから。そのような例をたくさん見てきました。

 

なぜ、離婚に至ったのか?どうして旦那とうまくいかなかったのか?が理解できていないと、「離婚はただの失敗例」のままです。

 

「改善方法を知っている」「離婚によって学習した」という武器も持たずに、次にチャレンジしたとことで「また嫌いになった」「選んだ相手が悪かった」で終わってしまうでしょう。

 

まとめ

 

 

離婚を冷静に考えると、簡単ではないことがわかりましたね。それでも、「離婚」に進みたいと思われますか?

 

その決意があるなら、離婚を有利に進めるためにも「収入を増やす」「旦那と今以上にコミュニケーションを取る努力をする」ことが必須。

 

離婚したい旦那と、今さらコミュニケーション?と思われるかもしれませんが、離婚をするには話し合いが必要です。普段何も話さない相手と有利な話し合いなどできるでしょうか?

 

それともうひとつの理由が、そのコミュニケーションを取っていないことで、お互いの理解がないことが、旦那へのイライラに結びいているケースが多いということ。

 

まずは、「離婚」するためには「必要不可欠なこと」と、自分に言い聞かせて、旦那とコミュニケーションを取ってみてくださいね。もしかしたら、新たな旦那との関係が待っているかもしれませんよ。

 

なぜ夫にイライラするのか?分かり合えない原因を解明。

これを知るだけでもイライラが消えていく

<期間限定>

『夫へのイライラの原因と改善方法』をプレゼント!

↓↓↓

(今すぐクリックして受け取る)

 

 

あなたのこと応援しています。

 

↓ちょっとでも気持ちが楽になってもらえたら

↓こちらの応援クリックをポチッとお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


LINEでお友達になってくださいね。
今ならあなたのお悩み、個別にお返事させてもらっています。