「夫源病の保健室」室長のTOMOです。

 

人の欲求の中でも上位になっている「食欲」。自分の好きなものを心置きなく食べることができるって幸せを感じられるひとときです。しかし、その食欲もストレスの前では「吐き気」や「胃痛」となってあらわれます。

 

旦那がいる時に限って「吐き気」がしたり、仕事から帰ってくると思っただけで胃が痛くてキリキリする場合は要注意。「夫源病」かもしれません。

 

「夫源病」とは、夫が源(原因)で、一緒にいることに強いストレスを感じ、更年期障害に似た様々な症状が体に現れるのです。めまい・頭痛、耳鳴り・動悸・不眠・のぼせなど、自律神経が乱れている状態。

 

あなたが旦那との関係にストレスを感じているようなら、今のうちから対策をしておくことがとっても大事。

 

今回は旦那へのストレスで胃痛や吐き気がして辛さを感じる人の特徴とセルフケアをズバッとお伝えします。

 

旦那にストレスを感じて胃痛?ストレスで吐き気の症状が辛くなる人の特徴とは

 

旦那にストレスを感じて胃痛がする場合、ストレスから吐き気の症状が辛い場合、あなたはどうしていますか?

 

胃腸とストレスは深く繋がっていて、ほおっておくと、胃潰瘍や十二指腸潰瘍にもなりかねません。

 

そして、旦那にストレスを感じやすい女性の特徴があります。

 

  •  気が優しくて、夫に対して思ったことや意見を強く言えない
  •  完璧主義
  • 真面目で責任感が強い
  • 不満な気持ちを発散できない
  • 愚痴はいうより聞くタイプ

 

優しくて頼り甲斐があって、みんなから良い人と思われるような女性。

 

胃薬を飲むことも一つの方法ですが、薬はその場限りの対処療法です。ストレスからの胃痛であれば、原因は胃が悪いわけではありません。気持ちをリラックスさせ、楽になるセルフケアがあったら知りたくありませんか?

 

あなたが旦那にストレスを感じやすいのではあれば、吐き気や胃痛に対するセルフケアを一緒にみていきましょう。

 

旦那にストレスを感じたときのセルフケア

 

深呼吸をする

ストレスを感じているときは浅い呼吸しかできていません。深呼吸を繰り返すことで自律神経が整います。はじめは浅い呼吸しか出来ないかもしれません。

 

まず、始める前に白湯かコップ1杯の水を飲みましょう。

 

一人になれる部屋か、公園など緑のある場所でやることもオススメ。深呼吸のコツは、まず肺に入っている空気を吐き出すこと。吐き出した後に吸うことで、深い呼吸がやりやすくなります。

足湯をする

 

簡単にすぐできて気持ちいいのが足湯。足を温めることで循環が良くなり、気持ちがホッとします。お湯にアロマオイルを垂らすと更にリラックスできます。洗面器に2〜3滴のラベンダーなどがオススメ。

 

ツボ押し

ストレスに効くツボは足にあります。親指と人差し指の真ん中、水かきのところから指幅2本分上に太衝(たいしょう)というツボがあります。指で足首の方向に向かって(上むき)痛気持ち良いくらいの強さで、「5秒押して離す」を5回くらい続けましょう。

タッチケア

ベッドか布団に仰向けになり、胃の部分(心臓の下なので、左の肋骨部分)を優しく包み込むように手を置きます。20秒くらい置いて、少し暖かくなってきたら、気持ちだけ上方向に、軽い力で持ち上げるイメージでまた20秒、胃の部分に手を置きます。

 

気持ちよさや軽さを感じたり、お腹がぐるぐる鳴ってきたら効果が出ている証拠。

 

ストレスを和らげる栄養をとる

* ビタミンC・ビタミンE

* トリプトファン

* ビタミンB群

 

ビタミンCとEは、抗ストレスホルモン「コルチゾール(ストレスと戦うホルモン)」の材料になります。パプリカやブロッコリー、ゴーヤ、モロヘイヤやかぼちゃ等。

 

トリプトファンは感情を穏やかに保ち、ストレスを減らしてくれる神経伝達物質「セロトニン」の材料です。セロトニンはからだのリズムを整えて快眠しやすい状態にする「メラトニン」も生成。豆乳や納豆などの大豆製品を。

 

ビタミンB群、脳がストレスに対抗するときにエネルギーを必要とします。脳の栄養源となるブドウ糖を効率良くエネルギーに変えてくれる。ビタミンB1やビタミンB2・B6など、ビタミンB群を摂ることが大事。豚肉、鶏肉、バナナ、ナッツ、大豆、木綿豆腐など。

 

まとめ

 

ストレスからの吐き気や胃痛。結局、心と体がつながっているってこと。体を整えれば心も楽になるし、心が満たされれば、体も良くなってきます。

 

ストレスはさまざまな症状があり、自分の身体の中でも弱いところに出てきたりします。胃痛に限らず、頭痛や歯痛になる場合も。

 

ストレスが原因の症状は自律神経を整えることで、楽になるでしょう。

 

もしも、あなたが旦那が嫌い過ぎることでストレスを溜めているときは要注意。なぜなら「夫源病」になる可能性が高くなるから。

 

「夫源病」とは、夫への嫌悪感やストレス、イライラなどから更年期障害のような症状(頭痛、めまい、耳鳴り、のぼせ、不眠、胃痛、吐き気)などが現れるもので、自律神経と深い関わりがあります。

「夫源病」は旦那といる時に限って症状が重くなるというのが一番の特徴です。あなたに心当たりはないでしょうか?

 

体調に不安がある場合「LINE」でセルフケアなどお伝えしています。

 

あなたのこと応援しています。

 

↓ちょっとでも気持ちが楽になってもらえたら

↓こちらの応援クリックをポチッとお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


LINEでお友達になってくださいね。
今ならあなたのお悩み、個別にお返事させてもらっています。
友だち追加