「夫源病の保健室」室長のTOMOです。
さて、「夫源病」になると様々な症状が出ます。夫からのストレスによって、あなたに辛い症状は出ていませんか?その体調不良が夫のストレスだとしたら、そのストレスは何と関わりが深いのか、あなたの症状を緩和するには何処へかかったらいいのかの解決方法をお伝えします。



また、最後にあなたにとって価値のあるお知らせがありますので、楽しみにしてくださいね。

旦那がストレスで体調不良って夫源病?

旦那のことがストレスで体調不良が続いているなら、「夫源病」が考えられます。
日本は湿気が多く、気候の変わり目は体調が悪くなる方が多いのですが、あなたは大丈夫ですか?
実は、体調不良の原因が旦那だったりしていませんか?



もしも、夫がいる時に限って症状が強く出る、夫が仕事、外出、出張になると調子がいいなどと、あなたの体調不良が夫との因果関係と結びつく、あなたのストレスの原因が夫と関係がある場合。

「夫源病」を疑いましょう。

「夫源病」はまだ一般的に広く知れ渡っている言葉ではありません。名前は違いますが「主人在宅ストレス症候群」「主人在宅ストレスシンドローム」とも同じ意味で使われています。あなたの症状が強くて悩んでいる場合、原因である夫との関係をどうこうする前に、体が不調では生活自体に支障をきたします。



まずは体調を整えないといけませんね。日々の生活もお辛いはず。

夫源病とは?

「夫源病」とは夫が在宅する事が常に強いストレスとなり、様々な形で体調に現れます。それを総称して『夫源病』と名付けたのが、大阪大学大学院、医学系研究科の石蔵文信先生です。

もともと男性の更年期障害外来のお医者さんでしたが患者さんを診察する中で気づいたのだそうです。

夫の何気ない言動に対する不平や不満、あるいは夫そのものの存在がストレスになり、妻の心身に、めまい、動悸、頭痛、不眠など女性の不定愁訴である更年期障害に似た症状が現れるのです。

それを総称して『夫源病』と名ずけたそうです。

まず体調の改善を

もし、あなたに、めまい・耳鳴り・頭痛・不眠など更年期障害に似た症状はありませんか?または体調不良を感じませんか?そんな時はまず、その症状を緩和しましょう。

実は、このストレスからくる夫源病の症状全般に共通しているのは自律神経の乱れです。

夫源病に限らず、私の治療院に来られるクライアントの中にも、仕事やプライベートでストレスを抱え、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、「病院ではよくならない」と、駆け込まれる方が非常に多い。



夫源病と自律神経のかかわり

私たちは、自分の意思とは関係なく、体のあらゆる機能を脳がコントロールして生命を維持しています


血液の流れや内臓の働きを、自分で調節って出来ませんよね?
それを無意識に調節してくれているのが「自律神経」です。
自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。

交感神経とは


ストレスや、なんらかの原因でこの自律神経の働きが乱れると体にさまざまな変調をきたしてしまう。現在、わたしたちの生活は「交感神経」のほうが優位に働いてしまう環境に置かれています。

「交感神経」とは仕事をしている時・TVを見ている時・パソコンを操作している時・立って電車に乗っている時・スマホを扱っている時・車を運転している時・歩いている時・喧嘩をしている時・イライラしている時など。昔で言えば「狩りをしている状態。

副交感神経とは


反対に、「副交感神経」優位の時はわかりやすく言えば「敵がいなくてリラックスしている状態」。

食事をしている時・トイレに入っている時・お風呂に入っている時・眠っている時・優しいマッサージを受けている時・鍼灸治療をしている時・リラックスしている時。



だって、敵がそばにいたなら食事やトイレをのんびりしている場合ではないですよね。なので、本当は副交感優位の食事の時に、スマホを見ながらやTVを見ながら。討論をしながらでは実際リラックスできていません。

お風呂も熱いお湯に短時間では、交感神経優位となります。(これから仕事に行く場合は良いのですが)

マッサージもあくまでも寝てしまいそうなくらい優しくです。強く押されたりすると筋肉が緊張して、交感神経優位となるだけ。



さて、あなたはどちらの時間が多いですか?

上記の項目を確認しても、「交感神経優位」の生活になっているませんか?夫といるときに、リラックスできなくて常に緊張している状態だと、眠れなくて当然ですし、副交感神経が働いてないのだと理解していいでしょう。

まとめ


夫源病の症状である、頭痛や肩こり、動悸や不眠など不快な症状があるのに、病院で検査をしても気質的には異常はきっと認められないでしょう。いろいろな症状があるのに、です。

だって自律神経の乱れなんてX線にもCTにもMRIにも映りません。

頭痛、肩こり、腰痛、耳鳴り、めまい、不眠、胃痛‥‥などなど。

あなたにおこっている症状を、頭痛外来・耳鼻科・眼科・内科・婦人科など症状別で治療しても改善されません。そもそも、何科にかかれば良いのか迷いませんか?そんな時、あなたはどう考えますか?病院にかかり、症状別に処方された薬をもらって満足できますか?



結局、頭や耳や目が問題ではないから。

夫がいることで、交感神経優位の生活にさらにプラスして、緊張感が加わります。気持ちが硬くなるだけで、体も固くなり血流が悪くなると、もっと肩が凝り頭痛や耳鳴りめまいなどの症状が強くなります。



夫源病にかかわらず、自律神経の乱れにより西洋医学では解明できない不定愁訴がたくさんある。しかし、その症状も自律神経を整えるだけで緩和されます。

心と脳、そして体はつながっているのです。

もしも、あなたが夫との関係に不安や不満を感じている。実際、夫源病と言われるような症状があってどうしたらいいのか分からない。



もしも、あなたがそのような状態であるなら、悩んでいるだけでは何も変わりません。今の状態を嘆くだけでなく、今から対策を練れば、まだまだ間に合います。

 

 

 夫との関係が悪化する原因として

「男性と女性の違い」がとても関係していることをご存知ですか?

 

なぜ夫にイライラするのか?分かり合えない原因を解明。

これを知るだけでもイライラが消えていく

<期間限定>

『男性脳と女性脳の違い』をPDFにてプレゼント

↓↓↓

(今すぐクリックして受け取る)

 

↓ちょっとでも気持ちが楽になってもらえたら

↓こちらの応援クリックをポチッとお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

LINEでお友達になってくださいね。
あなたのお悩み、個別にお返事させてもらっています。
友だち追加



<簡単に神経のお話>


そもそも神経って話に聞くけど何?と思われると思います。

解剖学的な話になりますが、神経は脳から出ています。ニューロンって聞いたことがありますよね?脳から神経を伝達して運動や感情を司(つかさど)っています。



そして神経が滞(とどこお)りなくスムーズに伝わっていくことによって、正常な働きができるのです。

脳から出ている神経は、首を通り背骨(脊椎)の中を通っています。背骨(脊椎)はいくつかの骨で構成されていて、積み重なっています。骨と骨の間のクッションの役目をしてくれているのが、椎間板(ついかんばん)です。(*椎間板ヘルニアって聞いたことがありますよね?)



あれはそのクッションの椎間板が潰れて、神経に触り痛みが出ると言われています。

背骨が積み重なっている理由ですが。もし、背骨が1本の太いものでできていたなら?前にかかんだり、後ろに反らしたり、横に曲げたりできない。積み重なっているからこそ、複雑な動きができるのです。

首(頚椎)・胸(胸椎)・腰(腰椎)そして、お尻の下(仙骨)まで繋がっています。

背骨の中心は空洞になっていて、その中を神経が通っています。その神経が障害されずに伝達しているからこそ、私たちはスムーズに身体を動かすことができます。



大事な神経だからこそ、外部から障害をうけにくくするため背骨の中で守られている。本当に人間の体ってよくできているのです。

神経と同じく、その空洞には自律神経も通っています。神経を正常に動かすためには血液や酸素供給が必要です。


ストレスや緊張が続き、筋肉が固くなり呼吸が浅くなることが続くと、血流不足や酸素不足により(血液が酸素を運んでくれています)痛みや痺れ、そして自律神経が乱れてくるのです。



自分の身体を預ける基準は



そのような緊張状態を解きほぐすためにも、あなたの体全体をまるごと診て、東洋医学の見立てができるところを、お勧めします。まず、問診であなたの話をじっくり話を聞いてもらえるところ。



そして、治療方針を聞いてあなたが納得できる。あなたに分かりやすい説明であるのかが、選ぶ基準になると思ってください。あなたが信頼できるかできないかで、そもそも治療効果が全く変わってしまいます。

そしてゆくゆくは、あなたの心を解放してくれるところですね。そこまでくると不調は、ほぼなくなります。加えて、治療後に自分でセルフメンテナンスする方法を伝えてくれるとさらに良いでしょう。



まずは体の調子を整えること。

「夫源病」になる人は本当に真面目で手を抜く事ができなかったり、自分に対しても完璧を求め、余計にストレスを溜め込んでしまっています。そんな状態から少しでも早く症状を緩和して、もっと楽しくあなたのための人生を歩んでほしい。


もしも、そのような状態であるなら、悩んでいるだけでは何も変わりません。今の状態を嘆くだけでなく、今から対策を練れば、まだまだ間に合います。

 

 

 夫との関係が悪化する原因として

「男性と女性の違い」がとても関係していることをご存知ですか?

 

なぜ夫にイライラするのか?分かり合えない原因を解明。

これを知るだけでもイライラが消えていく

<期間限定>

『男性脳と女性脳の違い』をPDFにてプレゼント

↓↓↓

(今すぐクリックして受け取る)

 

↓ちょっとでも気持ちが楽になってもらえたら

↓こちらの応援クリックをポチッとお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

LINEでお友達になってくださいね。
今ならあなたのお悩み、個別にお返事させてもらっています。
友だち追加