ごきげんよう。「夫源病の保健室」室長のTOMOです。

 

結婚当時はあまり気にならなかった、むしろ魅力に感じていた旦那との「違い」。しかし、いつの間にか小さなズレがどんどん大きくなって、旦那との関係に壁を感じたり、だんだん嫌いになっていく自分に気づいて、ハッとしていませんか?

 

このままだと、どんどん旦那のことが嫌いになってしまう、これからの人生を旦那とやっていけるんだろうか?などど不安を感じている始末。

 

もしも、あなたが旦那が嫌い過ぎることでストレスを溜めているときは要注意。なぜなら「夫源病」になる可能性が高くなるから。

 

「夫源病」とは、夫への嫌悪感やストレス、イライラなどから更年期障害のような症状(頭痛、めまい、耳鳴り、のぼせ、不眠、胃痛、吐き気)などが現れるもので、自律神経と深い関わりがあります。

「夫源病」は旦那といる時に限って症状が重くなるというのが一番の特徴です。あなたに心当たりはないでしょうか?

 

今回は旦那が嫌いになってきて、のままだとストレスが爆破しそうな時の解決法をズバッとお伝えします。

 

旦那が嫌いになってきた?このままどんどん嫌いになってストレスを感じるようになったきっかけとは

 

あなたは、「旦那が嫌いになってきた」と感じたり、このままどんどん嫌いになってストレスがたまっていく状態を、どうにかしたいと思っているはず。

 

これは、あなただけでなく「結婚はゴールでなく始まり」と、知っている、分かっているつもりでも、結婚して「家族」になったとたん、「安心」という名のもとにお互いについて「もっと知ろう」「もっと理解したい」という気持ちが一気に下がる傾向があるから。

 

そして、それは出産によって、「理解しているつもりの旦那」のことより、初めて出会う「愛しい我が子」に気持ちを奪われることによって、さらに旦那への興味が失われていくことがきっかけとなることが多いのです。

 

または、お子さんがいない場合、仕事を優先して、お互いの理解やコミュニケーションを後回しにしてきたことが、きっかけではありませんか?

 

そんなときこそ、何よりも大事なのが、「夫婦間のコミュニケーション」なのに、「そんな時間はない、忙しい」と、さらに後回しにすることによって、溝が深まっていく。

 

「時間は作ろうとしなければ生まれない」そして、実は後回しにしていることこそ「人生において一番大事なこと」だったりします。

 

さて、あなたに思い当たることがありませんか?では、ストレスが爆発しそうな時の解決法を一緒にみていきましょう。

 

旦那にストレスが爆発しそうな時の解決法

 

ストレスを直接回避する方法なら色々あります。

しかしあなたはストレスを回避するというより、原因となっている旦那との関係をどうにかすることで「旦那の存在をストレスに感じたくない」のではありませんか?

 

なぜなら、そこを改善しない限り、ストレスや旦那が嫌いという気持ちがなくならないからです。

旦那はどう思っている?

あなたの気持ちはすでに旦那を嫌いになってきてるのですね。では、夫はどのように感じているのでしょうか?

 

あなたが「嫌い」と思って接していると、言葉にしなくても、「最近優しくない」「自分に冷たい」くらいは、多少鈍感でもわかっているはず。

 

けれど、あなたが考えているほど、深刻に感じていない場合は、旦那のほうから働きかけてくることはまずないと考えましょう。

 

あなただけが旦那とのことに問題を感じているなら、今こそ、先送りにせず前に進むべき。

旦那の話を聞く

あなたは「旦那が嫌い」と思う以前に、自分の思っていることや、感じたことを迷うことなく旦那に話せますか?

 

もしも、旦那に話すことにためらいを感じるようでも、旦那にどんどん話せるようでも、やって欲しいことは一つだけです。

 

「旦那の話を聞く」これだけです。(挨拶は基本ですよ。やっている前提で。)

 

あなたは自分のことをわかって欲しいはず。「なのに何故?」と思われるかもしれません。しかし、考えてもみてください。まず、相手のことを理解するだけで、あなたが「思い込んでいた旦那の姿」が、今までと変わって見えるとしたなら?

 

例えば「仕事ばかりでかまってくれない」「自分のことなんてどうでもいいんだ」と、あなたは旦那の態度からそう思っていたとします。

 

しかし、旦那の話をよく聞いてみると、「あなたとの生活を豊かにしたいから」「あなたのために、嫌な仕事も残業までしてやっている」ということが分かったとしたら、どうでしょう?

 

旦那の帰宅をイライラして迎えていた態度が、「いつもお疲れさま、遅くまでありがとう」という気持ちになりませんか?

 

女性は旦那の行動だけを見て、自分の思い込みで想像したことが現実のように思え、それに対して、男性は特に言葉で説明しないというところがあります。

 

女性脳と男性脳って、全く違うものなのです。

 

まずは、相手がどのように考えているのか、何を思っているのかを理解しないことには始まらないと思いませんか?

まとめ

 

旦那が嫌いになってきている、どんどん嫌いになってストレスを感じていたあなたも、それを解決するためには、まずは旦那の話を聞くということが分かりましたね。

 

もちろん、あなたも話したいことがたくさんあることでしょう。でも、それは旦那の話を聞いて理解することで、きっと話したい内容が変わってくる。

 

あなたの思い込みで、話を進めるより、旦那の話を聞いて理解してから話した方が、より自分の意見を聞いてくれやすくなるのなら、旦那の話を優先するに越したことがありません。

 

あなたの思いやりと理解と優しい言葉で、旦那は必ず変わってきます。

 

もしも、体調に不安がある場合「LINE」でセルフケアなどお伝えしているので、お気軽にクリックしてくださいね。

 

あなたのこと応援しています。

 

↓ちょっとでも気持ちが楽になってもらえたら

↓こちらの応援クリックをポチッとお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


LINEでお友達になってくださいね。
今ならあなたのお悩み、個別にお返事させてもらっています。
友だち追加