「夫源病の保健室」室長のTOMOです。

 

夫の帰宅が近づいてくると、動悸がして憂鬱になる。そんな風に夫が帰宅すると不調になる妻には、共通した特徴があります。あなたはいつも、頑張りすぎて、夫やお子さん、または職場に対して、気を使いすぎていませんか?

 

家は唯一の寛ぎの場所なのに、動悸がしたり憂鬱になるなんて最悪です。あなたは一体どこで気持ちを休めればいいのでしょうか。

 

今回は旦那が帰宅すると憂鬱になる妻の共通の特徴と、その状態から抜け出す方法をズバッとお伝えします。

 

旦那が帰ってくると憂鬱!旦那が帰ってくると動悸がする人の特徴とは

 

 

帰宅する旦那に対して、動悸がしたり憂鬱になる妻にはどんな共通の特徴があるのでしょうか?チェックしてみましょう。

 

ストレスを感じる共通の特徴とチェックリスト

 

旦那にストレスを感じるタイプ

 

  • 頑張りすぎる
  • 完璧を目指す
  • 人に頼れない
  • 甘えたり任せることが苦手
  • 我慢強くて弱音を吐かない
  • 人前で感情を出せない(怒ったり・泣いたり)
  • 人に反論できない
  • いい妻・いい母親でありたいという意識が強い
  • 外面や世間体が気になる
  • 細かいことをクヨクヨと気にやむ
  • 自分さえ我慢したら丸く収まると考える

 

 

いわゆる良妻賢母で、本当に絵に描いたような良い人。あなたはどれだけ当たっていますか?人はいつもいつも良い人ではいられません。良い人であろうと思えば思うほど、ストレスを溜め込んでしまうのです。

 

そして、自分さえ我慢すればいい、妻として当たり前と、誰よりもあなた自身が「そうであるべき」だと自分で自分を縛っていませんか?そんな風にストレスを溜め込んでいったら、あなたの症状はひどくなるはずです。

 

子どもをほぼ、シングルマザー並みに一人で育て、子どもも大きくなり、やっと子育てから開放され、あなたは、楽しく自由な時間を謳歌できるはずなのに。

 

これからは夫との時間が増えていくばかり。このままでいいはずありませんよね。

 

夫のストレスから抜け出す方法

 

私が子供の頃から見てきたの親の時代がそうであったように、夫に尽くし、子どもを育てることが当たり前だと思っていました。

 

私の周りもどこも同じような環境でそのことについて疑問も持たず、夫は仕事で忙しいから、何か問題があっても自分で解決して、事後報告する、ということの繰り返し。

 

やるべきことは、家庭を守り、自分のことはさておき、子どものため、旦那の為に頑張るだけ。そうしているうちに、旦那に頼らなくても、お願いしなくても全部出来るようになってしまうんですね。

 

子どもが小さなうちは、まだその日にあった報告をしたり、会話がありましたが、子どもが大きくなってくると、話すことがなくなります。「亭主元気で留守がいい」そんなキャッチコピーもありましたが、本当にその通りでした。

 

もう夫に興味を持ったり、理解したいという気持ちもなくなってしまった。

 

そこに行くまでのプロセスには、夫に対しての諦めがありました。私は私なりにコミュニケーションを取ろうと、話題を作り話そうと努力したのに、夫は忙しいのか疲れているのか、全く人の話しを聞いていない。

 

子どもの行事に参加する約束を、全く忘れてしまったり(何度も確認したにもかかわらず)そういうことが何度も続くと、自分一人がなんで頑張っているんだろう?「もういいや」って思いました。

 

コミュニケーションのない夫と、休日を過ごす時の居心地の悪さ。空気の重さ。

 

寛げないし横にもなれない。このまま夫が定年になった時を考えただけで、頭が痛くなりました。でも、夫は悪い人ではありません。なので「離婚」したいのか?と問われれば、そこまでの思いはありませんでした。

 

でも、だからと言ってストレスから逃げる方法も、夫とこれからどうしていけばいいのか分からなかった、夫と向き合うのも嫌!と、できない理由を見つけては、考えたくなくて、避けていました。

 

しかし、見ないフリをしていても何も変わりません。そして、夫と過ごす時間や空間を、人生80年とすると現在50歳の人でもあと30年!

 

これから、ひたすら我慢しながら、旦那に気をつかって、今後生きていくとして、あなたは幸せでしょうか?

 

あなたが旦那のストレスから抜け出す方法は、我慢を止めることです。

 

あなたは今まで本当に頑張ってきました。夫のため、子どものために、自分の時間をどれだけ使ってきたことでしょう。もう十分です。もっと自分の気持ちに素直になりましょう。

 

まずは、あなた自身の頑張りを自分で認めて、自分で褒めることです。それができるようになると、気持ちに余裕が生まれ、旦那のことも違う方向から見ることができるようになるのです。

 

決定的な解決方法はこちらを参考にしてください。↓

旦那が嫌い過ぎる!夫が嫌いでしょうがないのに嫌いな旦那と暮らす決定的な方法3選

まとめ

 

あなたが旦那へのストレスで悩み、体調を崩しているなら、ただ悩むだけで「停滞」し、気持ちの晴れない時間を費やして欲しくないのです。かっての私がそうであったように、「あなたの気持ちが本当に分かる」そして、今ならあなたに「解決できる方法」を伝えられる。

 

実際、正面切って夫と向き合いたくない、考えたくないでしょう。でも先送りしても何も解決しません!歳をとっておばあちゃんになってから自由な気持ちを取り戻しても、それから何ができると言うのでしょう。

 

もしも、あなたが旦那が嫌い過ぎることでストレスを溜めているときは要注意。なぜなら「夫源病」になる可能性が高くなるから。

 

「夫源病」とは、夫への嫌悪感やストレス、イライラなどから更年期障害のような症状(頭痛、めまい、耳鳴り、のぼせ、不眠、胃痛、吐き気)などが現れるもので、自律神経と深い関わりがあります。

 

「夫源病」は旦那といる時に限って症状が重くなるというのが一番の特徴です。あなたに心当たりはないでしょうか?

 

体調に不安がある場合「LINE」でセルフケアなどお伝えしています。

 

あなたのこと応援しています。

 

↓ちょっとでも気持ちが楽になってもらえたら

↓こちらの応援クリックをポチッとお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


LINEでお友達になってくださいね。
今ならあなたのお悩み、個別にお返事させてもらっています。
友だち追加