「夫源病の保健室」室長のTOMOです。

 

毎日顔を合わせる旦那なのに、急に旦那のことが気持ち悪くなったら、あなたはどうしますか?何の変哲もなく「急に」です。こんな気持ちになるのは、妊娠から出産を経たときに1番多く感じるようです。

 

「気持ち悪い」というのは感情だから、自分でどうこう出来るものではなさそうですよね。でも、毎日「キモい」ととなえていると、精神的にも良くないとあなたなら分かっているはず。

 

もしもあなたが、旦那が嫌い過ぎることでストレスを溜めているときは要注意。なぜなら「夫源病」になる可能性が高くなるからです。

 

「夫源病」とは、夫への嫌悪感やストレス、イライラなどから更年期障害のような症状(頭痛、めまい、耳鳴り、のぼせ、不眠、胃痛、吐き気)などが現れるもので、自律神経が深く関わっています。

 

「夫源病」は旦那といる時に限って症状が重くなるというのが一番の特徴です。あなたに心当たりはないでしょうか?

 

今回は、旦那が気持ち悪いとただ唱えるだけではなく、そう思う心理とはいったい何なのか、ズバッとお伝えします

急に旦那が気持ち悪い!夫が気持ち悪くなるというその心理とはどういうもの?

 

毎日、旦那のことを「気持ち悪い」「夫が気持ち悪く感じる」なんて、困ってしまいますね。あなたはなぜそんな風に感じるようになったのでしょう?

 

結婚まえに、旦那のことが「キモい」と思ったら結婚には至らなかったはず。では、どうして旦那が気持ち悪いと感じてしまうのか、何かしらの理由があるはず。

 

誰も好んで相手を「嫌い」になりたくないし「キモい」なんて感じたくないでしょう。自分だってだれかにそう思われているとしたら傷つきますよね。

 

そして、旦那のことが嫌い・気持ち悪いと心で思いながら、そのようなネガティブな感情を抱いている自分のことも嫌っていたりしませんか?

 

急に気持ち悪いという場合は、明らかな原因がありそうですが、「気持ち悪い」「嫌い」などという表面に出る感情が問題なのではなく、実はその気持ちにフタをすることでよけいに感情が抑えられなくなるのです。

 

あなたのそのネガティブな気持ちをむりやり封じ込めたりしないで、あなたの心が発するメッセージを否定せずに受け止めることによって、まず気持ちが楽になります。

 

では、旦那のことを気持ち悪いと思うようになったきっかけとして、どのようなものが考えられるか一緒にみていきましょう。

 

これを知るだけでもイライラ激減

⬇️⬇️⬇️

男女の違い知ってますか?(PDF)プレゼント

 

夫が気持ち悪いと思う心理を徹底解剖

 

旦那のことを「気持ち悪い」と感じるようになるきっかけとは、どんなものがあるでしょうか。

産後クライシス

お子さんがいらっしゃる場合、一番に考えられるのが「妊娠〜出産後」の期間です。その中でも今回は「産後クライシス」について。

 

「産後クライシス」ってご存知ですか?産後クライシスとはNHKの情報番組が作った造語で、クライシスは(crysis)は危機・局面・崩壊という意味。

 

産後うつと混同しそうですが、産後クライシスは産後の体調不良から様々な要因が積み重なって、産後クライシスに陥ることが多いのです。

 

その理由として、女性は出産したと同時に、ホルモンバランスが急激に変化していくこと。
母乳の成分であるプロラクチンというホルモンは、母性を生み出すホルモンであると同時に、赤ちゃん以外の存在に対する敵対行動や攻撃性を高める作用でもあるホルモン。

 

夫に対して拒否反応を感じることは単にホルモンのなせる技なのに、自分の感情が旦那を嫌いなのだと勘違いしてしまったともいえます。

 

そして、ただでさえ大変な子育ての時に、夫のあり方(例えば、育児や家事への協力。理解やねぎらい、思いやりの言葉など)が、適切でなく余計にイライラする。

 

それが毎回重なることによって、夫への期待が落胆に変わり、旦那のことがだんだん嫌いになったり、気持ち悪いと思うようになったのではありませんか。

セックスレス

妊娠すると、セックスの回数が激減します。女性の体が大きく変化するからです。つわりが始まり、体はだるく、安定期に入るまではセックスすることだって不安になり、できればしたくないと思います。

 

しかし、男性は今までのまま、あなたと仲良くしたい。もちろん、2人の間の大事な赤ちゃんを優先して、あなたに無理強いはしなかったはず。でも内心は我慢しているのです。

 

女性と男性の体の生理的な違いでもありますが、女性は守りにたけていて、男性は攻撃に向いています。生理学的にも男性はいつでもセックスがしたい。それは異常でもなんでもなくて普通。

 

「子どもが産まれるまで」と我慢し続けた夫。しかし、産後のホルモンバランスや、24時間体制の育児であなたはヘトヘトになり、それどことではないのです。

 

そこで、お互いに相手の立場になって考えられたら、絆がもっと深まるのでしょうが、往々にして自分の主張が正しいと思ってすれ違いが始まる。

 

あなたは、「育児と家事で精一杯。疲れ果ててそんな気になれない。」ずーっと我慢して待っていた旦那は、「じゃあ、いつまで待てはいいんだ?子どものことばっかり向いて、俺のことなんて、どうでもいいのか。」という具合です。

 

あなたは、育児もろくに手伝わないくせに、そんなことばかり要求して「気持ち悪い」という感情が生まれませんでしたか?

 

でも、旦那(男性)にとってセックスは、生きていく上での活力になる大事な行為。自分を受け入れてくれて、安らぎを提供してくれる人がいるからこそ頑張れるのです。

 

男性は女性に比べて子どもです。自分を1番に考えて欲しいとずーっと思っています。そこを理解してあげられると、「旦那の言動も仕方ないのかな」と許せるのではありませんか?

 

まとめ

 

旦那のことを「気持ち悪い」と思うようになるには理由がありましたね。

それがホルモンのせいであったり、お互いの体の仕組みの違いによるものだとしたら、単に「ただ気持ち悪い」という感情だけが問題ではないということ。

 

旦那対して、「思いやりがない・理解してくれていない」など不満があったでしょう。しかし、あなたも旦那を理解しようと努力したでしょうか?

 

きっと、「お互いの理解や自分の気持ちをうまく伝えるコミュニケーションが足りていなかったのだ」と考えられたら、旦那に対して気持ちも和らいでくるはずです。

 

 

 

 夫との関係が悪化する原因として

「男性と女性の違い」がとても関係していることをご存知ですか?

なぜ夫にイライラするのか?分かり合えない原因を解明。

これを知るだけでもイライラが消えていく

<期間限定>

ついに『男性脳と女性脳の違い』をPDFにてプレゼント

↓↓↓

(今すぐクリックして受け取る)

 

 

 

あなたのこと応援しています。

 

↓ちょっとでも気持ちが楽になってもらえたら

↓こちらの応援クリックをポチッとお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


LINEでお友達になってくださいね。
今ならあなたのお悩み、個別にお返事させてもらっています。
友だち追加